トイプードルの放し飼いは室内環境を整えよう

ふわふわな被毛、つぶらな目、トイプードルの愛らしさに心を奪われた飼い主さんもたくさんいるんでしょう。
そういう私もその一人です。
そんなトイプードルを放し飼いで一緒に暮らすためには、まずは室内環境を整え、安全に過ごせる部屋づくりが大切ですね。

 

トイプードル

 

それにはまず、サークルの場所を決めて犬が落ち着けるスペースを確保しなければいけません。
リビングなど、家族の目が届き、テレビなどの普段の生活音が聞こえる場所に設置するのがおすすめです。

 

 

風通しがよくて、夏は直射日光があたらないところがいいでしょう。
フローリングはすべりやすく、怪我の原因にもなるので、犬が良く通る場所にはカーペット敷くようにするといいかと。

 

 

ですが、ドアのそばなどは人の出入りが多いところや、スピーカーのすぐ近くは犬が落ち着かないので避けましょう。
また、犬は何でも噛んで確認しようとします。

 

 

ビー球やコイン、錠剤などが床に落ちていると、間違えて飲み込んでしまう心配がありますので、部屋の中をチェックして、安全に過ごせるようにしたいものです。

 

 

その他にも、コードは犬がかじって感電したりしないように、出来るだけ家具の後ろに束ねて隠したり、ゴキブリシートやホウ酸だんごなどが置いてあると、犬が口にしてしまう可能性があります。

 

 

その為、キッチンや落ちると危険な階段、やけどの原因になる石油ストーブなどの暖房器具等、そうした入らせたくない場所や危険なところには、フェンスをつけるなどの対策をとりましょう。

 

 

更に、観葉植物の中には食べてしまうと中毒を起こすものもありますし、鉢植えの化学肥料の入った受け皿の水を飲んでしまうと危険なので、いたずらできない場所に移動させましょう。

 

 

いずれにしても、部屋の中をチェツクして、安全に過ごせるようにすることが犬を迎える前にすべきことです。
なお、トイプードルは、明るくフレンドリーな性格ですが、甘えん坊で頑固なところもあります。

 

 

飼い主とのコミュニケーションをとるのが好きなので、一緒に過ごす時間をたくさん持つと良いですが、犬が遊んでほしいときに手が離せないときもあると思います。

 

 

そうした犬の欲求を満たしてあげられないのはストレスを与えることになりますので、そうしたときに役立つとても有効な方法を知っておくことも大切だと思います♪

 

手が離せないときにやると効果的な方法とは?

 

犬のしつけ革命の詳細を見てみる