サークルの外でのトイレの失敗

犬のトイレのしつけが上手く出来ていますか?
ワンちゃんを迎えたその日からトイレトレーニングは始めたいもの。初めにあちこちに失敗させてしまうとなかなか覚えませんからね。

 

トイレの失敗

 

犬のしつけの市販本などに良く書いてあるのは、サークル内にペットシートばどを敷いて、そのうえでおしっこやうんちをしたら褒めてあげるようにするというものでしょう。

 

 

何より、失敗しても叱らないことが大事。排泄イコール叱られると学習し、ソファーなどの後ろなどで隠れておしつこやうんちするようになってしまいますからね。

 

 

そして、トイレの失敗で多いのが、サークル内でのトイレは覚えて出来るようになったが、サークルから出してしまうと、その中のトイレに戻らないでどこかでやってしまう…。
私が飼っているトイプードルのトイレの失敗もこれが殆どでした。

 

 

私としてはトイレを決められたところでしてくれれば、好きなところで寝ても構わないし、自由に部屋の中を動いて構わないという飼い方をしたかったんです。

 

 

で、どのように改善していけばいいのかと考えた時に、サークルの外にいてもトイレに戻ってくる習慣ができていないからに他かありません。
決められたトイレに戻らないのは犬にとって嫌なことが起きているか?いいことがなくなっているかのどちらかです。

 

 

犬の習性から言えば、排泄物は自分の近くにないほうがいい、サークルから出れない場合は仕方ないんですが、サークルに戻ってトイレをやるということは寝床の近くに排泄物を置くということになり、それって嫌なことなんです。

 

 

また、人間にしても自分の身体を汚したくないと思いますが、犬も同じ。
だから、おしっこなども土の上など、跳ね返ってこない浸み込みやすいところでやります。

 

 

その為、うち子の場合もカーペットの上などでおしっこをしたりすることが多くありましたね。本能的にわかるんでしょう。
排泄自体は、犬にとって気持ちいい行動なので、どこでやってもいいわけで、その気持ちよかった場所にするようになるわけです。

 

 

サークル内から出さないという飼い方なら、そこににトイレと寝床を置くという方法でも良いでしょうが、サークルから出して自由にさせてあげる時間を多くしたいと考えているなら。別の方法を行うべきです。

 

 

考えてみれば、寝床と排泄する以外はないというのが犬だけです。
ハムスターなどの他のペットにしても、かごやゲージの中に遊び場というものがあります。

 

 

ですので、私のようにサークル内の外に出すとトイレを失敗するという悩みがある飼い主の方は、部屋のどこにいても、トイレのある場所に戻ってくるトレーニングをしていく必要があります。

 

 

要は、いかにトイレの失敗をさせないかです。犬は体験したことを学習していきますからね。
なお、この西川文二さん監修の犬のしつけ革命では、犬がぐると周れる広さのハウスとトイレ小屋を用意して、ハウスで3時間くらい寝かせてトイレを我慢させ、そのあとに小屋に入れておしっこやうんちをさせるというトレーニング方法が紹介してありました。

 

 

成犬の場合は、8時間くらい排泄を我慢できるとも聞きます。うちの子もトイレの失敗が多かったんですが、1か月くらいでサークルの外に出しても、戻ってきて決められた場所でするようになりましたよ。
いずれにしても、リビングなどにだして犬を自由にさせるにはトイレを失敗させないことです。

 

 

それともう一つ条件としては、いたずらさせないこと。
自由にさせると犬が1,2歳くらいまではどうしても甘噛みなどをしてしまうので、その対策などもしっかりすることも自由にさせるうえでは大切でしょう。

 

 

私のようにサークル以外に出す時間を長くしたいとか、部屋の中では自由に行動させてあげたいという方は参考にしてみてください。

 

犬のしつけ革命の詳細を見てみる