犬のしつけがうまくいかないのは?

犬のしつけがうまくいかないという悩みはありませんか?
それは犬の本能や性質を理解していないから他ありません。

 

うまくいかない

 

そもそも犬は人間のように合理的で分析的な思考などをコントロールする大脳新皮質が少なく、物事の目的や意味など、本当に大切なことを考えて理解することができません。

 

 

その為、犬は体験したことのみを学習していくのです。
したがって、犬の問題行動などを直したい、何かを学ばせるためには、体験させるしかありません。

 

 

逆に言えば、やってもらって困るようなことは体験させないということです。
これが上手く出来ていないから、犬のしっけもうまくいかないのです。

 

 

例えば、トイプードルがいくら叱ってもゴミ箱を漁ってしまうようなら、すでにその体験をしているわけです。
ゴミ箱を漁ることを学習させているのと同じといえるかもしれません、

 

 

もし、いくら叱ってもやめないで何度も繰り返してしまうということは、その叱り方に罰の効果がないということで、いくらやっても無駄でしょう。

 

 

叱るということは効果がないばかりか、差し障りがたくさんあり、既に過去の間違ったやり方です。
では、どのようにするかですが、まずは犬がゴミ箱に鼻を突っ込むことが出来ないようにフタ付きのもに取り替えたり、犬が届かない高さのところに置いたりする。

 

 

これだけで問題行動は解決します。叱る必要もありません。飼い主の方はもうイライラしないで済みますね。
犬にしてもゴミ箱漁りで叱られることはありません。

 

 

これは、全ての問題行動を改善するためのしつけに通じることです。来訪者に飛びついたり、噛みついたり、吠えるなど、飼い主の方は実際に起きてから対応しようとしますが、それでは遅いのです。

 

 

ことが起きてからということは、既にワンちゃんがその体験をしています。
したがって、好ましくない行動、学ばせたくない行動は、体験させないようにすることを考えることが、犬のしつけの仕方の原則と言えるでしょう。

 

 

なお、もし、好ましくない行動をしたら、まずは止めることです。それには大声を出したり、手を叩くなど、大きな音でビックリさせるのが効果的です。
それって、昔からの叱り方と一緒と思うかもしれませんが、意味合いが全然違います。

 

 

叱るというのは、次からその行動をやらないようにさせるということであって、この場合は、今の時点の行動をストップさせるというだけです。

 

 

いくら叱ってもゴミ箱漁りは直りませんが、止めることは出来ます。
そして、その行動も環境を変えなければ犬は同じことをしょうとします。

 

 

ただ、人間ですからフタをつい忘れたりすることもあるでしょう。その場合も大きな音を立ててびっくりさせるなどして、まず行動をやめさせてください。

 

 

この場合は、犬は全く悪くありません。飼い主であるあなたが良くないのです。
犬を叱りたくなったら、まずは自分を叱ってください。そういう意識を持ってしつけをしていきましょう。