ハウストレーニング

犬のしつけで、ハウスが上手くできないで悩んでいる飼い主の方も多いと思います。
ハウスは犬の寝床として使うだけでなく、中に入っていれば安心出来る場所として分からせておくといいですね。

 

ハウストレーニング

 

例えば、飼い主の指示で犬がハウスに入るようにトレーニングしていおけば、来客時や外出した先など、様々な場面で役立つでしょう。
その為には、犬にとって安心できて好きな場所と思えるように、タオルなどを敷き居心地よくしておくことが大切です。

 

 

逆にやってはいけないのは、ハウスの中に入るのを嫌がって抵抗しているのに、犬を無理に押し込むようなことはやめましょう。印象が悪くなってしまいかねません。
で、ハウストレーニングのやり方は、愛犬の好きなおやつやおもちゃをハウスの奥の方へ入れて誘導するといいのかなと思います。

 

 

そして、入ったら「ハウス」と言います。
この時に扉は開けたままにして、犬が入っている時点で「いい子」と褒めてあげるといいです。
また、慣れてくるまではハウスから犬が出てきても構いません。

 

 

喜んで自分から入るようになったら、扉を閉めるのに慣らしていくようにしていきます。
はじめは短時間から行い、徐々に扉を閉めておく時間を長くしていきましょう。
そして、慣れてきたら、飼い主がハウスから離れてみて、その時間を徐々に長くしていくといいと思います。

 

 

また、ハウスから出すのはおとなしいときにしましょう。
吠えたり、扉をガチャガチャさせているときに出さないことがポイントです。犬は吠えれば出してもらえると学習してしまうからです。

 

 

なお、犬は狭くて暗い場所を好み、その中で落ち着く習性があります。
ハウスが広すぎると中で転んだりして危ないので、身体に合わせたサイズを選ぶようにしてください。
高さは犬が立った時の高さに合わせ、奥行きはフセをしても窮屈ではなく、中で回転出来る程度の広さを選ぶといいと思いますよ。('ω')ノ

 

喜んでハウスに入るようになるための5ステップとは?

 

犬のしつけ革命の詳細を見てみる